コーヒー文化は多極化へ、ジャパンブランドは強そう!

続き

倉式珈琲店の倉式は岡山県倉敷市から名付けられています。

倉式カフェ ロゴ600 

ロゴの文字が倉式クラシックですね。

倉式珈琲店は、サイフォン抽出の一杯仕立で味わえる本格珈琲店です。コーヒー豆は世界中から厳選されています。2015年4月に誕生しこれから全国展開していくと思われます。

2014年頃からブルーボトルコーヒーの日本進出が話題になり、2015年2月に一号店が誕生しました。

倉式珈琲店のオープンはその2ヶ月後です。ブルーボトルコーヒーはもともと日本式のコーヒーに影響され出発しているとはいえ、注目されたのはそのスタイルです。おしゃれ感はオリジナル。

茶道、茶会の点てる感覚が、欧米に飛び火し、日本に逆輸入?和式カフェの見直し、すぐそこにアジアに飛び火するのは時間の問題と思えます。
英国風の茶会、ティーパーティは世界にこれ以上広がることはないでしょう。
茶道の抹茶ではなく、緑茶の茶会っぽさの潜在力、関心のある人はちょっと注目しておいてもいいと思います。これは良い悪いとか好き嫌いの問題ではなく、新興国の文化水準のブルジョア化が好みそう。

茶会と弁当とか弁当懐石とか、茶化すわけではないですが、関係が悪いときは茶化す、これは茶が昔から薬、興奮と鎮静作用を使い分けて出していたのでないでしょうか?
あまりこの辺を書いていくと異論も出ましょう。唐突ですが、ハーブティーは大好きです。

倉式は同系列のサンマルクカフェとは違った和式カフェで展開していくらしい。
ブルーボトルコーヒーの基調色の淡いブルーは鮮やかで気持ちのいい色ですが、
倉式珈琲店のロゴカラーは濃紺、和式カフェにピッタリ、このカラーも素晴らしい。

多分、年配のお方も倉式珈琲店には自然と足が向くでしょう。

ますます楽しくなる日本のコーヒー文化です。

 新 サロン・教室

カルチャーステージ



街のネットワーク

川崎・麻生区・多摩区
<地域インフラ >
川崎市・区役所
  麻生区
行政・防災・防犯
医療・保険・衛生


<生活・便利サイト>
各種学校・スポーツ
歴史・観光・寺社
麻生区 百景 散策
出典:川崎ガイド(リンク)

<ステージ カルチャー>
ミュージック・学校・教室
カルチャー・ダンス・バレエ
貸しスペース・ホール・会議室
スポーツクラブ・同好会・サークル
保育園・子育てサークル・サロン

<市民活動 ネット >
麻生区市民活動団体

出典:麻生区HP(リンク)


かながわ子ども合衆国


子どもの町 キッズタウン
かながわ子ども合衆国とは?
集まれ!
子どもデザイナー
子ども作詞・作曲家

ステージ かわさき

<麻生区>
山猫式文化教室
ダンス・音楽・遊び・美術

舞台芸術集団「山猫団」の定期ワークショップ/川崎市
年齢・経験不問、子ども対象
問合せ☎ 070-5667-4124
詳細:山猫団 HP

人気店

アートしんゆり

黒板アート&広告
今や世界のどこでも見られます。 取扱い商品のPR 
絵が上手!

場所:百合丘郵便局入口
2017年5月

神保町いちのいち
C's TABLE 新百合
最新企画は▲HP
作家の展示販売
篆刻展作家 HP

クルマのあるカフェ

  1. クルマのあるカフェ、リリーカフェ。住宅地にあるお店。黄色のアルファロメオが素敵!

  2. 一軒家カフェハウス、フレンチの香り、お庭とシトロエン

  3. 2CVがあるカフェハウス。シトロエンを見ながら新百合ヶ丘でランチをいただく。

アート KAWSAKI

川崎には異質なサブカル系。2018年のヒット企画。表示を継続中!
   ▼

みうらじゅんフェス FES
2018年 3/25 終了
場所:川崎市市民ミュージアム⇒ H P
公式HP 


絵本・マンガ広告
TEL. 090-3149-7212

ページ上部へ戻る