雑貨店「神保町いちのいち」はいつ行っても新鮮な気持ちになる。

何から何までセンスいい。個性的で、一味ちがうのだ。新しい。

ちょっと優れモノが店先に展示されていました。
店の前を通り過ぎようとすると、すごく気になった。
オーラが出ているんでしょうか?

結構大きいクロ色の紳士傘。18,000円、今日は買わない。
淡いカラー婦人傘、8,000円くらい。やや高級品?

その隣りに山積みされてるのは即席麺「家庭画報のえびめん

%e3%82%a8%e3%83%93%e3%82%81%e3%82%93_r

累計50万食突破!してるらしい。
本格的オリジナル麺で家庭画報では大人気の食品。
ギフト用セットの購入は ⇒ 家庭画報ショッピングサロン
単品(1個500円)で買えるのは、新百合周辺ではココだけかも?

その右下の端には、蜂蜜+蜂の巣の丸ごとパッケージ
%e3%81%af%e3%81%a1%e3%81%bf%e3%81%a4_rきれいな商品です。
これも欲しくなる食品ですね。

おすすめ。
ぜひご賞味あれ!

 

 

 

 

今日、一番驚いたのは、商品棚の下に並んでいる長グツ

%e9%99%b3%e5%88%97_rコレ、実にオシャレBブーツ
日本野鳥の会のバードウォッチング長靴です。
ファッションとして優れモノ。機能的にも足首の辺りが柔らかで、普通の長靴のように硬くない。
TBSテレビ取材クルーが築地市場の移転先、豊洲市場の地下空間の取材この長靴を履いていました。
しかも驚きは、撮影映像が水質の検査より、水たまりを歩く様子や長靴の足元・アップ場面が多かった、なぜ?
意図的ではないでしょうが、それだけこの長靴が目立っていた。
最初に地下空間を取材したのは共産党都議の皆さんで、
その時は普通の長靴だったので、水質検査だけのニュースだった。
この長靴ですが、今日の朝刊の新聞記事の写真にも大きく写っていました。
取材は目立たない方がいいですが・・・。
これ以降、各社の取材陣は他メーカーのオウトドア用とか長靴にこだわり始めた。
取材記者にとってはステージ衣装・小物とか、戦場での必須ツールに近いのかも知れない。

この日本野鳥の会の長靴、新百合周辺ですぐ手に入れたい方は ⇒「神保町いちのいち」へ
ネットで注文したい方は ⇓ こちらでも可。スレンダーな女性が履くと非常にオシャレなんです。
さすが「神保町いちのいち」です。


「神保町いちのいち」はエルミロード4Fです。

知人で昔、シャネルのレインシューズ(雨靴)を履いていた女性いました。
この日本野鳥の会のバードウォッチング長靴の方が断然おシャレ!
言い過ぎでしょうか?

※※※

追記します。9/19付
連日、豊洲市場の移転問題で地下空間のニュース映像が繰り返し放送されています。TBS記者の名前(永田記者)まで報道されるほど注目されています。
このページも海外からのすクセスが急増し、一時つながらなくなりました。
長靴の話題はこれ以上しないようにします。