オンラインでスクール・ステージ活動

アーティストやミュージシャン・工芸作家、プロも素人も、先生も生徒も、個展・発表会・ワークショップなんかオンラインでどうですか?オンラインお茶会は普通に行われていて、ちょっとした気分転換?

音楽家なら何時でもオンラインステージでライブ中継できますね。そして演奏を止めて複数の人に、個人レッスンもできます。ボイストレーニングはかなり有効かと思います



書道教室、マンガ教室とかもいい。何が良いか?筆使い、プロの絵描きのタッチを拡大して見れるから。
     
見るより慣れろ!で、プロの写真家によるカメラ教室とかもリアルな撮影のテクニックなど学べるかも?

スマホと大型テレビ接続すれば、体育の授業は子供は家にいて受けられる。ダンスの個人レッスンもグループ全員が参加すれば迫力あってやる気も起きる。


ライブも録画版も可能だし、自宅や個展会場から無観客でもオンラインで鑑賞者の意見聞きながらの中継も面白い。

オンライン討論会やオンライン読書会、オンライン俳句の会、他にもいろいろ、全世代が楽しめます。



以前、ワイン教室をオンラインでやったらどうですか?と尋ねたことがあります。コロナショック以降、高級日本酒や地ビールのオンライン飲み会は始まっていて、味の違いを楽しむからシンプルに家で一人で飲むより環境・時間を共有するような楽しみ方も生まれている。

ZOOMというツールを使って、面白い「祭り」を企画しよう

仮に「パン祭り」としましょう。5件のパン屋さんが賛同して、パン屋さんのお店から参加します。A店・B店・C点・D店・E店が自慢のパン今日一押しをオンラインで発表します。
パン好きの人たちや単なるのぞき見の人もオンライン上で自由に参加できます。

一方、地元のパン仲間、パン愛好家、パングルメたちはオブザーバーとしてオンラインで参加もでき、勝手な意見や批評を言えます。また自由参加の人は、お祭りの間、自由に質問できます。あれこれあり、最終的には投票で人気1位などランキング発表もできるでしょう。総菜パンとかはレシピ・食べ方のアレンジなど回答してもいいし、その場でオーダーも成立ありですね。うまくプレゼンできれば、一週間単位や施設からの注文もあるかも?
誰でも参加できるので、メディアの人も参加しているかも知れません。これは「パン祭り」を例にしているだけで、飲食店をはじめとして店舗への来客が激減している今、他の業態でもいろいろな企画を試されるといいと思います。