誰もが鉄道には思い出がある。

いつの間にか、それが仕事になったり、日々どっぷり鉄道三昧の人もいる。

そうでなくても、鉄道を少し好きな人からマニアまでが利用する鉄道模型専門店railway しんゆり湘南ライン」新百合ヶ丘店を訪れました。新百合ヶ丘ではほぼオンリーワンのお店で知る人ぞ知るです。一度もお店に入らなくても名前は有名です。

店内を入るとすぐ右にジオラマがあります。

 

精巧に作られた車両はJR南武線でしょうか?その走りは味わい深いです。走っている様子は店の外からでも見えて、夕方以降は照明の感じもまた違う趣きがありそう。車両自体の照明もLEDを上手く使って進化しています。以前のヘッドライトの電球からLEDへの変換サービスはやっています。

鉄道模型の専門店なので、いろいろな模型が店内に陳列されているのは当然なんですが、実際にお店に足を運ぶ楽しさは、中古品・委託品・ジャンク品の中に思いがけない出物に出会うことも1つです。

 

店長さんは丁寧に応対してくれます。お店主導の「鉄道の会」はやっていないものの、新百合ヶ丘にはマニアたちの同好会はあるらしいとか。言葉のはしばしに鉄道への愛情が溢れていました。

小田急線の新百合ケ丘駅は地元だし、いろいろ小田急線専門の車両やジオラマについて聞いてみましたが、この辺りはまだまだ盛上がりはこれからのようです。

やはり新幹線オールジャパンなので圧倒的な人気なのか、目を引きます。
TOMIX
トミックスやKATOカトーの車両コレクション カタログを見ても鮮やかなデザインが楽しめてシリーズで欲しくなります。
Nゲージ1万円台から始められるので、お手頃です。今後機会があればマニアの方に聞いていきます。鉄道模型のどの辺に惚れたのか?とか、旧型国電の思い出とか、ローカル電車の魅力とか。

お店のサービスについてですが、お誕生日割りのサービスとかもあるし、親子で来店する人も多いそうです。

又、マニアになるとそこそこお金もかかります。鉄道模型購入の資金として鉄道模型ローンスルガ銀行を利用できるそうです。便利ですが銀行の営業からのサービスです。

店内で扱っている商品だけでなく、通信販売からオークション、いろいろネット経由でも利用できます。看板やグッズなど出物を実店舗で探されるのもいいと思います。

連れの人が店長さんと話をしている間、私はずーっとジオラマを走る車両に目を奪われていました。

楽しい時間、有難うございました。

railway しんゆり湘南ライン 新百合ヶ丘店
ホームページ:http://www.shonan-line.com/shinyuri/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺2-4-7 才沢第2ビル1F
TEL:044-299-9005
FAX:044-299-9035
e-mail:shinyuri@shonan-line.com

映画「列車大行進イオンシネマで2月18日から。

ナレーターは沢城みゆき(ルパン三世の峰不二子役)さん、日本を駆ける列車たちです。
必見!

 予告編
劇場版「列車大行進」。30秒CM


劇場版 列車大行進の舞台挨拶に登壇 

米 米 米